習慣の王様【If-Thenルール】について

if-thenルールとは?


〇〇したら〇〇をするというルールのことである
【使い方・例題】


  • お菓子が食べたくなったら果物を食べる(ダイエット)

  • テレビが見たくなったらオーディオブックを聞くを読む(勉強)

  • トイレに行ったら本を〇〇ページ読む(読書術)

  • 社内のエレベーターで人にあったら挨拶をする(性格改善)

  • 怒りたくなったら瞑想をする(メンタル改善)


 
【効果量】
※科学的な効果量は0.5~は使えると言われていて1.0でMAX


  • 目標達成について→効果量0.65

  • 健康習慣について→効果量0.51

  • メンタル改善について→効果量0.99


例外
悪癖対策について→0.29

 
【効果量に悪影響を及ぼす場合】


  • 目標が明確になっていない

  • やることを明確にできない(知識不足等)

  • 行う環境が整っていない


【さらに効果量を上げる方法】

ここから先は会員登録の後で

 

この記事の続きを読むには会員登録をお願いいたします。
会員登録はコチラ

ログインはこちら